11月26日 下がると思えば買い屋も売る

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます。

昨夜の米国株に大きな動きはありませんでしたし、特に問題を感じるような事もありませんでしたので、特に解説の必要もないでしょう。

詳細についてはニュースサイトでも見れば十分であり、スタンスとしては引き続き米国経済は強いとでも判断しておけば十分であろうかと思います。

さて、昨日は自民党がマニフェストを公表しました。

面白いのは金融緩和についてですが、物価2%上昇に向けて緩和策を推進とありました。

臨時募集のお申し込みはこちらから

緩和策をどうするかは日銀が決める事でありますし、本来政治が介入してはいけない部分なのですが、これを正々堂々と政権公約に挙げるのですから、呆れて物が言えません。

その他も相変わらずのバラマキ型です。

ばら撒き過ぎてどうしようもないから増税しなくちゃならないので、延期はしたが消費税はリーマンショック級のダメージがない限りは予定通り10%に上げる・・・と言った感じでしょうか。

事あるごとに、自分たちが雇用を生み出したし、企業業績を押し上げたと言い、株価が高いのは自民党のおかげだ!とも言っておりますが、昨日は公明党までもが株価に言及しておりました。

さて、どうでしょう?この記事を読んでいるのは投資家の方がほとんどと思いますが、見ての通り個人投資家は巨額の売り越し状態でありますし、株価も225は大幅に上昇しておりますが、地の底に眠る個別材料株は山ほどあるのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

株をやらない9割以上の国民は、株が騰がってなんだか少し良い気分になっているのかも知れませんし、そうした人たち向けには実に効果的な発言なんだろうなと思うところでありますが、投資家から見れば馬鹿丸出し発言でしょう。

株の「か」の字も知らないのに、何を言っているんだ!と・・・。

まあ、私は呆れて開いた口が塞がらない状態でありますが、この程度しか出来ない政治家にこれ以上期待してもな・・・とも思います。

臨時募集のお申し込みはこちらから

時々、政治に対する意見を書いてお叱りを受けたりしますが、政治家が株に介入してくるのですから、こちらも言いたいことを言わせてもらう訳です。

一方的に言われているだけでは面白くないですからね。

しかし、本当にこの人たちは愚かだなと思うのは、増税してインフレになると思っているところです。

特に消費に多大な影響が出る消費税を増税したら、デフレになって当たり前ではありませんか?

せめて所得が増税分を上回っていれば、確かに消費は伸びる可能性がありますし、インフレにもなる事でしょう。

しかし、現実に所得は伸びていないのですし、これで増税すれば消費者は消費を渋って当たり前です。

そして、それがデフレと言う形で表れるのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

こんな単純な話は何処にもありませんが、これが分からないのですから始末に負えません。

まあ、デフレよりも財政健全化が重要なのだ!としているのであれば、まあ仕方がないとも言えますが、結局デフレ脱却は金融緩和頼み状態であり、これは日銀の仕事なのです。

しかも日銀は、本来は通貨防衛のために働くところであり、通貨安を作り出すために働くところではないのです。

安くなきゃ売れない程度の商品しか作れない様な企業はなくなって結構!位の勢いでやった方が、よほど国には幸せになると思いますけどね・・・。

あまりに極論過ぎるかもしれませんが、この位の発想が出来る政治家や官僚が居ないから、どんどん腐って行くのです。

こんな事を書いていると、投資意欲が湧かなくなりますが、見ての通り225は大幅に上昇しましたし、為替は大幅にドル高になりました。

この二つの大きな流れは、ほぼ完全に読めており、この分野に投資する様に助言して来ました。

臨時募集のお申し込みはこちらから

例え愚かな事をやっているとしても、それを理解して、その結果どうなるかを予想すれば、例えそれが悲観的内容であっても問題はないのです。

もう株価は下がるしかない!となれば、売れば良いだけです。

寂しいことですが、決して株式投資は未来が明るくなけれなばらないと言う事ではないのです・・・。

さて、ここから先はどうすべきか?

225は大分上昇してしまいましたし、為替もなんだか止まってきた様に見えますね・・・。

どうしたら良いか分からないかたは、是非ともメンバー専用情報をご利用ください。

ランキングで注目銘柄を探す!!

きっと、あなたの投資判断の手助けになるでしょう。

現在メンバーの募集期間中ですので、ご希望の方はお急ぎください。

情報内容に自信がありますので、更新は一か月単位ですので、お気に召さなければ直ぐに退会してもらって結構です。

ご入会頂ければ、多くの方が何年もメンバーを続けている理由が分かると思います。

では、あなたのご入会を心よりお待ち申し上げております。

期間限定の臨時募集です!
さらに11月分の会費が実質無料!!

臨時募集のお申し込みはこちらから

「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

11月25日 臨時募集開始!

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます。

先週末から週明けにかけての米国株は、中国の利下げに刺激された事や、M&Aが活発な事、好調な経済指標等が重なって上昇し、三指数は揃って高値更新となって来ました。

あまりに強すぎて怖い様な相場でありますし、いずれは壊れるのでしょうけれども、感謝祭、Xmas商戦は、共に好調が予想されておりますし、当面悪くない展開が続きそうな気配が濃厚であります。

日本もこのおこぼれにあずかって好調な輸出企業もありますし、とにかくGPIFが買ってきている様なので、物理的に株価が押し上げられている状態であります。

国内景気は消費税増税の影響で最悪となっており、回復の兆しはありません。

誰に聞いても8%って結構きついよね・・・と、悲観的な声しか聞こえませんし、実際自分で買い物していても、とにかく気分が悪いのです。

臨時募集のお申し込みはこちらから

これが10%になったらと思うと、ちょっと恐ろしいと思いませんか?

それを選挙公約にしているのが自民党なのですが、先週末からの世論調査で、大多数の国民がアベノミクスに疑問を感じている状態が浮き彫りになっているのですが、次の選挙でどこに投票しますか?と聞けば、自民党が圧倒的なのです。

日本人は、本当に馬鹿になってしまったなと言わざるを得ないのですが、これは自虐的な価値観が生み出している事なのでしょうかね・・・。

それとも、単に諦めているのか・・・。

まあ、確かに官僚を変えないと、いくら政治家を変えても何も変わらないと、民主党政権で学んでしまっているので、この反応でも致し方ないとも思うところでありますが、本当に酷いの一言であります。

政治だけを見ていると、どうしても株価は騰がる気がしませんし、投資する気なんて湧きようがないと思うところでありますが、現実に225中心とは言え株価は高値に来ている訳です。

私が安いうちから買うべきとしていたのは、225中心のインデックス系の銘柄、金融、不動産、そしてドルですが、金融は今一つと思いますが、どれも大幅に上昇してきており、大きな利益を手にしている方も多くなって来ております。

臨時募集のお申し込みはこちらから

まあ、個別が停滞しているので、思ったように利益が出ていない方も居られますが、それもこれから解消して行く事でしょう。

とにかく、手の入っている銘柄は、皆上昇機会を伺っているのですし、行けると思えば仕掛けてくるのです。

また、先週末に身売り思惑でS高したスカイマークでありますが、先月辺りから身売りの噂は出ており、分析の結果可能性が高いと判断しており、これをメンバーの皆様に推奨しておりました。

最近もこの安いながらもしっかりしている株価には期待できるとして押し目買いを推奨しており、買っていたメンバーも多かった様で、先週末のS高には大分興奮されていた方も居られた様です。

臨時募集のお申し込みはこちらから

問題はTOBとなったとしても、その価格でありますし、それがいくらになるかは分からないのですが、今の値段よりは高いだろうと思いますので、TOB前提ならば、ここでも買いとなりますが、私ならばここから買うよりは他に行く様にお勧めします。

何せ動いていない銘柄が多いですし、これから新たに材料が出てくる銘柄も出てくるはずであり、表面化してしまった話にはそれ程興味はないのです。

とにかく、自民党は来年、再来年の株価がどうなるかなんてことは考えていないと思いますが、選挙までの株価は非常に意識しているでしょう。

何せここまで景気が悪くなっても、実感していないだけだと言い放つほどに面の皮が厚いのですからね・・・。

円安で外人向けの小売りが150%増加だとかで喜んでいるデパートでありますが、売り上げは落ちる一方であり、円安効果で外国人観光客が増えても景気はそれ程良くならない事が証明されているのです。

また、そもそも税収に寄与すると期待しての消費税ですが、大手家電販売店やドラッグストアまでもが外国人向けの免税店を出店して行く流れであり、これらの店では消費税がかからないのです・・・。

どこまでも国民をばかにした政策だなと思えてなりませんし、こんな政治にはNOを突きつけなくてはならないのですけどね・・・。

臨時募集のお申し込みはこちらから

とまあこんな状況でありますので、単に買えば良いと言う程簡単な相場ではないのですが、ダメだと思えばダメだとレポートしますし、常に投資家の立場に立って助言をしているのは私ぐらいなものです。

注目できる銘柄が徐々に増えてきておりますし、相場はこれから更に面白くなる可能性がありますし、危機があればそれも助言して行けるでしょう。

情報社会でありますが、溢れすぎた情報が投資判断を鈍らせていることもあるかと思いますし、やはり一つぐらいはまともな情報を手にして置くべきと思うところであります。

今は下落時の様なチャンス相場ではありませんが、下落時に右往左往しないためには、今の内に入会を決断しておいたほうが良いと思うところです。

ここで本気になって買いだ!なんてレポートはしませんが、買える銘柄は推奨しておりますし、選挙に絡んで面白い銘柄が出てくる可能性もありますので、今は入会時であるとも思います。

投資判断で迷う様な状態であるならば、是非私の情報をご利用頂ければと思うところであります。

ちなみに、どうやって入会すれば?と聞かれる事が多いのですが、年中募集している訳ではなく、毎月月初の1週間程度しか募集しておりません。

ただ、時折月末に臨時募集を行うことがあり、今月はこの臨時募集を実施することにしました。

募集期間は短いですが、ご検討中の方はこの機会にどうぞ。

あなたのご入会を、心よりお待ち申し上げております。

期間限定の臨時募集です!
さらに11月分の会費が実質無料!!

臨時募集のお申し込みはこちらから

「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

11月21日 衆議院解散

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます。

急上昇した株価は調整局面でありますが、急上昇したのは225が中心でありますから、調整の中心も225となるので、この調整局面は個別材料株が面白くなって行く様に思うところです。

さて、今日で衆院解散となり、選挙戦突入となるのですが、これ程虚無感を感じる国政選挙は今までにあったでしょうか?

首相は何故にここで解散を決めたのか・・・。

このままでは来春の税収は消費税増税の影響で減少に転じる可能性が高く、この責任を追及されれば次の選挙で勝てる見込みはないからでは?と、考えていたのですが、実はもう少し裏がある様に思えてきました。

これは、首相の発表した内容でありますが、景気がどうであれ、17年には消費税を10%に引き上げると言う旨であります。

これは、何が何でも10%に引き上げるぞ!と言う事であります。

ランキングで注目銘柄を探す!!

また、勝敗は過半数をキープと言っていたと思いますが、今の議席を考えたならば、大幅に減らすことになりますし、正直言って無駄な事にしか見えません。

結局、今回の増税で消費が冷え込みまして、原油価格の下落の影響を抜いたとしてもデフレ状態であるのですから、どう考えても再増税は無駄と言うか、間違いであるのです。

だからこそ見送りとしたのは正解であるのですが、正解が故に悲願の10%への増税は無理と言う事になるのです。

10%はどう考えても無理だと見ておりましたし、彼ら的には最初から8%で大成功なのでは?とも思っていたのですが、今回総理は議席を減らす可能性が高い選挙に打って出るのですから、これは身を切ってまで増税を確実なものにする道を選んだ事になるのです。

この決断はいかなる経済状況でも増税すると言う、日銀側の要望を全面的に認める非常に恐ろしいものであり、正直言って政治家として最低の発言でしょう。

国民の生活なんて知った事ではない!と言っている様なものですからね・・・。

そもそも、消費税増税は税収を減らすのです。

これは橋本政権の時にもそうなりましたし、前例通りの事であります。

また、国民は消費に慎重になる一方であり、増税で消費が拡大するなんて都合の良い事なんて起こるはずがないのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

増税した分生活が良くなるのであれば、それはまあ結構なことと思いますが、社会保障を増やすだけ増やして、足りないからカネをよこせ!では話になりません。

要は、議員連中が、できもしない約束をして当選し、約束を実行するために増税をする・・・。

こんなコメディの様な事が平気で行われているのです。

景気を良くしようと思ったならば、消費を増やすしかないのですから、消費を増やしたくなる政策にすれば良いだけです。

手厚すぎる社会保障なんて要りやしないのです。

女性を就労させるために保育園が足りないから保育園を増やすだとかと言いますが、本物の政治家ならば、女性は働かずとも生活できる社会を目指すべきでしょう。

子供を預けて育てるより、自身の手で育てた方が、多くの場合は良い子育てになるのですし、安心して子育てできる社会が出来れば、出生率も上がるというものです。

日本の一番の問題は、何と言っても少子化であるのですから、これを深刻化させるような政策ではどうにもならないのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

消費税は消費を冷え込ませ、女性就労は少子化を深刻化させる・・・。

何故にこんな簡単な事が分からないのか・・・。

本当に困った話でありますが、例え自民党が倒れたとしても、政権を執るのは民主党になるのですから、結局変化はないのです・・・。

幾ら上手い事を言っても、結局官僚に丸め込まれるのは前の政権ではっきりしたことであります。

全く・・・どこを見ても最良の策がない!

こんな酷い選挙は今までにあったでしょうかね・・・。

いっそ共産党の方がまだましの様に思えてなりませんが、問題は株の世界がこの状況をどの様に評価して行くのか?であります。

難しい舵取りではありますが、しっかりと分析し、的確に助言できるように全力で頑張って行きたいと思うところであります。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

メディアコラム
S氏の相場観掲載メディア


S氏はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

無料メルマガ
無料相場情報

メールアドレス

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
 
カテゴリ
世界の株価指数
世界の株価

有名トレーダー御用達!

Worldmarkets.jp

関東財務局(金商)第2364号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。S氏の相場観は関東財務局に登録した金融商品取引業者です。

関東財務局(金商)第2364号
樹商事株式会社
〒277-0005
千葉県柏市柏6-7-7
葉山ビル2F
TEL:04-7100-0030
ブログ内検索