10月22日 庶民の暮らしの向上へ

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます。

昨夜の米国株は好調な中古住宅販売、好調な企業決算などに後押しされ、三指数は大幅に上昇となりました。

特にNASDAQの上げは2.4%高と高騰しており、米国株の調整局面は終了となりそうな気配が濃厚です。

欧州もECBが追加緩和策を示唆しており、欧州株も揃って大幅高となっておりますし、当面逆風は少なそうです。

とは言え昨日は凄い売り仕掛けで225は300円以上の下げ幅となりました。

悪材料は探せばいくらでもありますし、どんな意図でここまでの仕掛けが行われているのかは気になるところですが、この辺に関してはメンバー向けに詳しく解説しております。

ランキングで注目銘柄を探す!!

さて、今日は海外移住税逃れ防止ということで、政府が富裕層の株含み益に課税するとの報道がありました。

消費税増税に伴い、低所得者ほど負担感が強いと言われる消費税の再増税の判断を前に、富裕層の節税策を封じて、公平性をアピールする狙いもありそうだとの事です。

まず、この対象者は100名程度との事で、確かに課税逃れは腹立たしいと思うところではありますが、それ程重要な事でしょうか?

また、そもそもこの記事ですが、低所得者ほど負担感が強いと言われるとありますが、低所得者ほど明らかに負担が強いのです。

それは、消費した分に対して払う税であり、貯蓄出来ない人ほど払う率が高いのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

貯蓄に回した分には消費税がかからないのですから、所得のほとんどを生活費として支払う低所得層ほど負担が大きいのは当然なのです。

一見政府の腹を読んでいるかの如くの書き方でありますが、そもそも消費税を庇っている節が見えて、非常に嫌らしい記事であると思いました。

どう考えても消費税が消費活動を冷え込ませておりますし、今後税収に打撃を与えてくることは確実でしょう。

シェールガスの恩恵で原油価格が下落しており、多少は生活が楽なる可能性は出てきたものの、円安のせいで輸入物価は上がっており、庶民の暮らしは悪くなる一方です。

何故にこんなやり方しかできない政府を擁護する人が多いのか?

政権の支持率なんて、今の半分でも高すぎると思うところですが、それは多くの国民がメディアの作り出す世論の誘導にコントロールされているだけかもしれません。

ランキングで注目銘柄を探す!!

本物の情報を手に入れやすくなったのですし、一般メディアばかりに目を向けず、もっとまともな情報を手にして、正しい道へ進んで行って欲しいなと願うところであります。

幾らコントロールしようとしても、まともな考えの国民が増えれば、愚かな政府や官僚も考えを変えざるを得なくなるはずですからね。

まあ、私の仕事は株価がどうなって行くのかを考える事であり、どんなに酷い世であろうと、その中で株価がどうなって行くかだけを考えれば良いだけなのですけどね・・・。

ですが、どうなるかを考え、色々調べて行くと、どうしても提案もしてみたくなるのです。

多くの国民が正しい事を知れば、生活は向上するはずですし、国も発展するはずだからです。

株価の予想が当たることも望んでおりますが、この国が少しでも良くなることの方が、私にとっては強い願いであるのです。

一人でも多くの人が、真実を知り、正しい道へ進んで行く事を望んでおりますし、今後もその手助けをさせて頂ければと願っております。

そして、それが株の売買益になればと思いますし、きっとそこへつながっていると信じているところであります。

とまあこんなところであるのですが、今後の株価はどうなって行くのか?

詳しくはメンバー向けに解説しているところでありますが、それでも当面は高くなって行くと考えております。

今回の下げはヘッジで乗り切っておりますし、またそうした場面もあるかもしれませんが、そうした場面が予想出来れば、またヘッジして行きたいと思います。

出来る限りのサポートはさせて頂きますので、サポートを受けたい方はメンバーサービスをご利用ください。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

10月21日 求められる真の政治力

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます。

昨夜の米国株は、IBMの決算を嫌気して売りで始まりましたが、特にappleへの期待は高く、NYダウは軟調な動きが続いて大引けでプラス回復といった感じでありましたが、NASDAQは大幅高で推移しておりました。

その後appleの決算が発表されましたが、期待以上であり、時間外でもapple株は値上がりとなりました。

この様な流れを受けて、東京株式市場も小幅ながら高く始まったのですが、昨日の大幅高の反動なのか手が止まっている様な感じとなっております。

NYでは中小型株指数であるラッセル2000の反発が堅調であり、東京も中小型株に資金が回り始めても良いかと思って見ているところであるのですが、今のところはまだまだといったところであります。

とりあえず、昨日はあまりに急激な上げでしたし、売られて始まっても気にする事はないと思いますし、こうした局面こそ買って行けば良いだろうと思っているところであります。

ランキングで注目銘柄を探す!!

さて、閣僚二人が辞任となった安倍内閣のダメージがどうだとかと報道されておりますが、多くの国民は重箱の隅を楊枝でほじくる様な民主党に嫌気を感じてるのではないでしょうか?

内閣支持率は下落しましたが、政権的には安定的な数字でありますし、閣僚もあっさり変えてそれまでです。

今回の辞任騒ぎは、どちらかと言えば民主党の方にダメージがありそうですし、今後も徹底的に追及して・・・なんて言っている民主党でありますが、政治家ならば政治で勝負するのが当たり前であり、こんな事に時間を使って税金を無駄に使う事は恥ずかしくはないのでしょうか?

自民党は国民に政治への関心を薄れさせ、絶対に選挙に行く創価学会信者票を利用して勝利することが目的であり、民主党は完全に罠にかかっていることに気付きもしないのです。

くだらない事で戦わず、政治で勝負しなくては、結局勝利などないのですけどね・・・。

まあ、彼らの実力は既に証明されてしまっており、今更彼らに政権を任せようなんて国民は居ないと思うところでありますが、今からでも政治力に目覚めて頂き、少しでも世を変える努力をして頂ければなと願っているところであります。

ランキングで注目銘柄を探す!!

ところで、これから来年10月からの消費税増税を検討が大詰めを迎えるのですが、景気の悪さを察知し首相自らが延期を語ったりしております。

彼らにとっては8%に上げられただけでも大成功であろうと思いますし、10%に出来なくても良いと思っているのかもしれません。

何せ3%の導入時、5%への増税時、いずれも景気後退に至っており、景気が悪くなるのは火を見るよりも明らかだったのです。

そこで、公共事業でその分を・・・としていたのでしょうけれども、震災後で建設費用が増大しており、発注した工事が受注されないなどの事態に至っており、景気刺激効果が限られてしまっているのです。

そもそもでありますが、建設だけを優遇して景気が良くなるはずがありませんし、輸入物価が上がる円安誘導では逆効果である事は明白なのです。

日本は輸出立国だ!なんていう愚かな意見が未だにありますが、GDP比で15%程度しか輸出はないのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

建設は内需でありますし、カネの使い方としては悪くはないのですが、全員から消費税でカネを巻き上げて建設業界に配るのもおかしな話であります。

まあ、防災などは必要不可欠であるともいえますが、消費税を増税してその分のダメージを解消するために・・・と、動機が不純すぎるのです。

景気を良くすれば、今までの税体系でも十分に税収が得られるのです。

国民はカネを持っているのですから、カネを使いたくなる政治をすればよいだけなのですけどね・・・。

消費税増税は、正にこの国民がカネを使いたくなる事への逆行であり、これ程愚かなことはないのです。

増大してる費用は医療費を主とした無駄遣いでありますから、これを削減して行けば良いだけのことです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

ほんの一例でありますが、今流行りの心療内科で処方されたある医師が見た、ある患者の処方箋です。

ロナセン錠8mg 3錠(抗精神病薬)→最大量
エビリファイ錠12mg 2錠(抗精神病薬)→最大量
ルーラン錠16mg 3錠(抗精神病薬)→最大量
レボトミン錠50mg 4錠(抗精神病薬)→最大量
リフレックス錠15mg 3錠(抗うつ薬)→最大量
デプロメール錠75mg 2錠(抗うつ薬)→最大量
デジレル錠50 50mg 4錠(抗うつ薬)→最大量
トリプタノール錠25mg 2錠(抗うつ薬)
ソラナックス0.8mg 3錠(ベンゾジアゼピン系)→最大量
グッドミン錠0.25mg 1錠(ベンゾジアゼピン系)→最大量
リスミー錠2mg 1錠(ベンゾジアゼピン系)→最大量
サイレース錠2mg 1錠(ベンゾジアゼピン系)→最大量
ドラール錠15mg 2錠(ベンゾジアゼピン系)→最大量
ベンザリン錠10mg 1錠(ベンゾジアゼピン系)→最大量
ハルシオン0.25mg 2錠(ベンゾジアゼピン系)→最大量
デパス錠1mg 3錠(非ベンゾ系)→最大量
マイスリー錠5mg 2錠(非ベンゾ系)→最大量
アーテン錠2mg 3錠(抗パーキンソン剤)

高級な薬(単に毒ですが)が山ほど・・・。

こんなに色々な薬を飲んでいたら、病気ではなくとも病気になるでしょう・・・。

そもそも精神病に薬が効くはずもないのですし、要は早く死んでくれ・・・という事でしょう。

そんな悪意がなければこんなに薬は処方出来ませんからね。

また、老人医療にしても同じようなもので、要らない薬が山ほど処方され、みんなの税金で医者も製薬会社も大儲けです。

こんな事をやりながら、カネがないと騒いで増税に持ち込むのですから話になりません。

ランキングで注目銘柄を探す!!

まともな政治家ならば、医療で儲けようなんて考えず、本当に景気を良くしようと考えるべきです。

比較的まともなことを言う共産党も、病院を持って同じような事を平気でやっているので、比較的まともでも応援したくないのです。

心の底から応援できる政治家・・・そして政党が生まれることを、切に願っておりますが、多分無理なので、今はこのゴミの様な政治家たちが行うことを予測して、株価を予想して利益を得て行くしかありません。

本当に良くなる過程で株価も上がって・・・というのが理想なのですけどね・・・。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

10月20日 下落は予想済み、今後の動きは‥

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます。

先週末の米国株は、良好な企業決算、良好な経済指標に後押しされて大幅に反発し、三指数は揃って上昇となりました。

為替も一気に107円台に戻ってきており、先週までの嵐が嘘の様でありますが、こうなる事はほぼ予想出来ていたことでありますし、問題はあの下げの最中で何を考え、どう行動出来たかだけであります。

私の予想と見解ですが、そもそも9月末の段階で10月の下落を予想しており、メンバー向けに連日警戒を呼び掛けておりましたし、一般向けにも10月はチャンス到来になるとレポートしておりました。

ランキングで注目銘柄を探す!!

そして、この下落が起こったのですから、チャンスと捉えて買えば良いだけでありました。

全てを売却していた訳ではありませんから、下げている最中は本当に苦しいところであった事と思いますが、これが相場の世界であり、ここで買いに行くしかないのです。

まあ、私としても下げのピークはSQか、遅くて16日頃としていたので、17日まできつく下げたので不安に思った方は多かったかもしれません。

しかし、こればかりはどうしようもないところであり、恐怖に耐えながら買って行くしかないのです。

特に先週後半は信用での買いも良いとレポートしましたし、かなりの強気対処でありましたが、それは米企業決算は良好であるはずだし、日本企業もまたその恩恵を受けた結果になるだろうと考えていたからであります。

ランキングで注目銘柄を探す!!

当然為替も107円から下もドル買いを推奨し、FXでレバレッジをかけて買うべきとまでしました。

まだ完全な結果へとは結びついていないとしても、先週末の米国株の動きは予測の範囲内でありましたし、これできつい下落の波は収束となることでしょう。

まあ、私にとってはこの下落は最大の仕込み場でありましたし、その旨は何度もレポートしました。

誰もが悲鳴を上げて逃げ惑う時こそが買い場であり、先週までが正にその時だったのですからね。

特に、今回の下げは、幅的にも下落前に予測した水準とほぼ一致しておりますし、下げる前にヘッジもお勧めしておりましたので、この下げの中でも大幅に儲かったメンバーも居るはずです。

まあ、持ちになっている分で評価損が出ているはずで、これをここで決済しては意味がありませんが、これから戻りが期待出来ますし、ヘッジで儲かった分で安くなった銘柄を買って行けば、更に利益は増えることでしょう。

ランキングで注目銘柄を探す!!

まあ、買えていないし、ヘッジもしていないとなれば、待っているしかないのですが、この予想と動きの関係を良く学習して頂き、今後の相場に生かして頂ければと思うところであります。

とはいえ、毎回こうして予想が的中するわけではありませんし、私も外すことがありますので、あくまでもレポートの内容に納得できる場合にのみ行動をして頂ければと思います。

何せ言われるがままに行動する方には信念がなく、こうした下げ局面では恐怖に呑み込まれて売らされてしまうケースが多いのです。

株は簡単なはずなのですが、欲望が強すぎると、その分恐怖も強くなる傾向が強く、こうした局面で右往左往している人は大抵欲望が強すぎた人です。

せめて実力が伴っていれば良いのですけどね・・・。

この相場で強い恐怖を感じた方は、是非とも欲望のコントロールを実践して行って頂ければと思います。

ランキングで注目銘柄を探す!!

とりあえず、普段は信用取引を使わず、本当にチャンスと思える時にだけ利用するなどです。

まあ、このまま綺麗に元に戻って行く相場とは思いませんし、再度下も見に行くかもしれません。

一番安いところは、おそらく過ぎ去ったと思うところでありますが、まだまだ悪材料が追加される可能性もあります。

ですから、ただ単に買えば良いだけではなく、やはりポイントはしっかりと理解して行かなくてはならないのです。

難しいことではありますが、出来る限りはレポートに盛り込んでいっておりますので、この相場で惑わされていた様な方は、是非ともメンバー専用情報を参考にして頂ければと思います。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

メディアコラム
S氏の相場観掲載メディア


S氏はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

無料メルマガ
無料相場情報

メールアドレス

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
 
カテゴリ
世界の株価指数
世界の株価

有名トレーダー御用達!

Worldmarkets.jp

関東財務局(金商)第2364号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。S氏の相場観は関東財務局に登録した金融商品取引業者です。

関東財務局(金商)第2364号
樹商事株式会社
〒277-0005
千葉県柏市柏6-7-7
葉山ビル2F
TEL:04-7100-0030
ブログ内検索