09月19日 スコットランド独立問題

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます。

昨夜の米国株は、新規失業保険申請件数が30万人を割り込み、労働市場の改善が示される材料が出ているのですが、普通に考えれば出口戦略に直結する材料であるため、単純に評価できない材料であるのですが、FOMCで超低金利が相当期間続くとの声明が出ているため、市場はこの材料を単純に好材料と捉えた様です。

また住宅着工件数は低下でよろしくない数字となったのですが、トレンドに変わりはないとの楽観論の方が強かった様で、これも悪材料とは見られませんでした。

更に、スコットランドの住民投票でありますが、独立はないだろうとの見切りなんでしょうか?この辺も買い材料になってしまっている様に感じました。

ランキングで注目銘柄を探す!!

ただ、このスコットランドの独立問題でありますが、投票ギリギリになって焦ったキャメロン首相がスコットランドに有利な条件をいくつか出したのですが、他の地域から「不公平だ!」との声が上がっており、例え独立がなくなったとしても、イギリスの国内情勢は大変不安定な状態に至りそうな気がしてなりません。

今のところは全く気にされていない様ですが、今後の情勢の変化には注目して行かなくてはならないところでありましょう。

しかし、どれだけ不満があったかは知りませんが、独立する自信の根拠は北海油田からの税収というのですから、考え方が随分と乱暴です。

北海油田はイギリスとしてみんなの税金を投入して作ったものであり、「独立したら立地しているわが国の物だ!」とするのは、あまりに乱暴ではないでしょうか?

他国のルールは知りませんが、離婚だって婚姻中の財産は分配するのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

どう考えても乱暴だと言わざるを得ませんけどね・・・。

ただ、一つだけ良いことが起こる可能性といえば、核兵器が削減される可能性がある点でしょうか。

まあ、核兵器なんてものは、原発のゴミであり、捨てられないので防衛のためなどと理由を付けて保管するための偽装施設に過ぎないのではないかと思うところであり、なんだかんだと言いながらも、何とかしてしまうのかな?とも思うのですが、もしかしたらこの件だけは良い方向へ進む可能性がある様に思えるところでありますが、どんなものでありましょうか。

また、今回の選挙でありますが、どちらにしても僅差で決着するものと思いますが、どちらにしても半数程度の住民の意見は無視されるのです。

民主主義のやり方であり、仕方がないともいえるのですが、逆に言えばこれこそが民主主義の欠点でしょう。

また、国家として土地に線引きする事もまた問題を持っている様に思うところでもあります。

ランキングで注目銘柄を探す!!

一つだったものを複数に分けるのは、そう簡単なものではありません。

政府側の提案が原因で、どの道混乱が続きそうな感じが強く、今後の予想が難しいのですが、今後もこの件は観察を続けて行くしかないでしょう。

また、相場は独立しないと踏んで動いている節がありますが、あくまでも拮抗している状態であり、独立が過半数を上回れば、相場は大パニックに至る可能性もあります。

相場は完全に楽観的でありますが、そんなに楽観できるほど穏やかな世界情勢ではないと認識したら良いと思います。

今は、こうして楽観出来る時ではないと考えているプレイヤーが多く、黙って見ていれば良いものを、売りで取ろうとするからこうして踏まれるのです。

どこまで踏まれるかは分かりませんが、あくまでも踏まれているだけであり、行くところまで行くか?何かのきっかけでガラッと変わるかは分かりませんが、とにかく注意したいのは、相場は上がる速度よりも下がる速度の方が早いのです。

これはいつも同じであり、下手に楽観した時にこそ起こる事です。

タイミングは分かりませんが、注意に越したことはないと思うところであります。

では、ここからはメンバー専用となります。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

09月18日 狙い目は出遅れている材料株

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます。

昨夜の米国株は、FOMCを終えてイエレン議長が声明を発表し、債権買い取り枠は次回FOMCで終了とするとしましたが、超低金利政策は継続の見通しと伝え、利上げは経済指標を見ながらと、慎重な姿勢を崩さなかった事を好感して買われ、NYダウは小幅ながら史上最高値を更新しました。

ただ、やはり小幅でありますし、このまま勢いよく買われて行く感じでもありませんし、これで安心出来る訳もありません。

とは言え急落しそうな雰囲気でもありませんし、当面観察を続けて行く必要があろうかと思うところでありますが、大きく動いたのは為替で、円ドルは1ドル108円台中ほどの動きとなっており、当面の限界値に大分近づいたような感じがします。

行くところまで行けば、必ず巻き戻しの動きも出ますので、この局面で調子に乗ってもどうかと思うところであり、注意が必要といわざるを得ません。

ランキングで注目銘柄を探す!!

さて、昨日はソニーが赤字拡大と、初の無配転落を発表しました。

過去に赤字転落を発表した時は、相場の悪さもありましたが同社株はS安となりましたし、今回は無配転落もありますので、相当下げるだろうと考えていたのですが、NY市場ではそれ程売られておらず、リストラ策を好感しているのか!?と、少々理解に苦しむ動きであります。

ただ、常識的に考えてですが、無配や赤字では投資が継続出来ないファンドや投信がありますし、運用見直しに絡んだ売りが出てくるのは明らかなのです。

ここのところ上昇しておりましたし、どう考えてもS安になる様な材料なのですが、どの様なものでありましょうか?

特に興味がある銘柄ではありませんが、前回の赤字報道時は相場全体に影響を及ぼし、ソニーショックと呼ばれる下げとなりましたので、その行方は多少なりと気になるところではあります。

とりあえず、みんなが大好きな円安が進んでおりますし、225の予想は強気なところが多く、今日は16000円到達と見ているアナリストも多そうですが、他の視点から見れば108円にもなって16000円止まり!?ともいえます。

輸入物価の上昇で苦しんでいる中小企業は、100円から105円位までなら良いが、とコメントしておりますし、消費の大多数を占める個人も中小企業も円安で苦しんでいるのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

何せ輸出依存度が15%程度しかない日本で、円安が進んで得するはずがないのです。

株価は上がって行くので、何だか良さそうに感じたりもしますが、家計的にはガソリン代の増加だけで具合が悪くなりそうですし、これからは暖房代ものしかかってくるのです。

さて、本当にこれ以上の円安が必要でしょうか?

米は経済が上向いているので、ドルは高くなり続ける可能性が高いと思いますし、日本は緩和策を打ち出したくても打ち出せない時が迫っている様に思えてなりません。

消費税増税の影響は、かなり消費を落ち込ませているので何とかしなくてはならないのですが、緩和策を出さずにここまで円安が進んでくると、もはや追加緩和策は難しいと考える方が妥当かもしれません。

買っている銘柄もありますし株高で嫌な思いはしませんが、ここまで来ると様子見せざるを得ません。

まあ、上がっているのは225中心であり、今回の件でソニーショックの様な事が起こったとしても、225中心である事は確かであり、逆に材料株に資金が回りだすきっかけにもなるかもしれません。

ですから、もしも攻めたいと考えるならば、出遅れている材料株が狙い目という事になるでしょう。

相場が下がるのを待って行動しても良いですし、あくまでも攻めたいならば・・・でありますけどね。

では、ここからはメンバー専用となります。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

09月17日 日本の目指すべき道

カテゴリ 相場観


無料メルマガも随時配信しております。是非ご登録ください!

登録時の自動返信メールが届かない場合は、誤ったメールアドレスを入力された場合がございますので、自動返信メールが登録されたメールアドレスに届いているかどうか必ずご確認ください。



人気ブログランキングで注目銘柄を探す

おはようございます、

昨夜の米国株は様子見で始まりましたが、FOMC声明はハト派的なものになるのではないかとの報道をきっかけに買われ、三指数は揃って上昇となりました。

NYダウは高値更新を伺うポジションであり、非常に強いと思うところでありますが、QE政策が終わり、次は利上げとなって行くのは間違いない路線であり、こんなにもすんなりと金融相場から業績相場へと移行できるでしょうか?

FRBは混乱を機さない様に慎重に行動して行くと見て良いかと思いますが、このまま強い状態を維持して行くと考えるよりは、押し目もあろうと構えて行く方が無難の様に思うところであります。

ランキングで注目銘柄を探す!!

個別では賑わってきている銘柄もありますし、やってやれない事もない相場でありますが、基本的には無理をしないで様子見していけば良いだろうと思うところであります。

さて、今日は高卒求人が製造業で拡大であるとか、外国人労働者の積極採用であるとか、労働力に関する報道が目立ちました。

原因は少子化の影響であると言いたいのだと思いますが、そもそも少子化の原因についての論述はありません。

何故に子供を生まないのか?

これは、女性自身が子育てよりも、自分が遊ぶ時間が欲しくなったとか、生き方の多様性の問題もあろうかと思いますが、我が子が将来何をして稼いでいくのか?と考えた時に、まともな仕事がないと思えば生まない方が良いと考える人も多いはずなのです。

また、子供どころか自分自身も働かなくてはならず、金銭面が辛かったり、時間の工面が付かなかったりもあるでしょう。

それは、結局のところ労働力の主体となる男性の稼ぎが減っているからに他なりません。

男性が家族を養う分の稼ぎがしっかりとあれば、女性は子供を生み育てる事が可能となるのです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

子供を預けることが出来ないから産めない・・・。

これは、子育てに専念しては収入がおぼつかないからに他なりません。

まあ、子育てより働いている方が良いなんて意見もありますが、それは子育てより働く方が楽だからに他なりません。

子育ては本当に大変なのですし、よほどの努力なくして仕事との両立は難しいのです。

こんな状態なのですから、当然子供が増えるはずもなく、少子化は進む一方であります。

解決策は、保育園を増やす事でもなければ、育児休暇がもらえる事でもなく、単に労働単価が上昇して男性が家計を支えることが出来るようになれば良いだけの事です。

しかし、企業は安い労働力が欲しいので、少子化で労働力を確保できないから外国人を!なんて話になるのです。

働かないでうろうろしている若者は沢山居ますし、安月給でどうにもならないと苦しんでいる中高年だって沢山居ます。

企業が求めているのは、単に安い労働力であり、これを行政が後押しして明るい未来がある訳がありません。

安く労働力を確保出来ないならば、労働単価を上げれば良いのです。

労働者の賃金が増えれば、内需が85%を占める国内GDPは上昇するに決まっているのです。

安い労働力を求めて外国人をとしたドイツがどうなりましたか?

安い労働力がどんどん入ってきて、ドイツ人は本当に大変な目に遭ったのです。

確かに国や企業は良かったかもしれませんが、国民は大変きつい状況に追いやられたのです。

また、世界第一の移民受け入れ国米国はどうですか?

ランキングで注目銘柄を探す!!

米もまた企業や国は良い感じになっていますが、労働者は低賃金で苦しい人が多いのです。

1%の人が99%の富を独占している!とデモが行われたりしましたが、安い労働力をグローバルに頼れば、結果はこうなるのです。

これは、日本の目指すべき道と思いますでしょうか?

単に企業と国だけが儲かる・・・。

こんなばかげた話はないのです。

まともに結婚生活も送れない様な人間が大臣になる国ですから、これではどうしようもないなと思うところでありますが、自分たちの利益よりも、本気で国民の利益を考える政治をお願いしたいところであります。

まあ、無理っぽいですけどね・・・。

では、ここからはメンバー専用となります。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


「この記事は役に立った!」という場合には下の
ブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります!


株式 ブログランキングへ ← 応援クリックしていただけると嬉しいです

ランキング上位は記事作成の励みになります!
メンバーになるのにはこちら
関連記事
『S氏の相場観無料メルマガ』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を 随時配信しています。

よろしければ、登録してみてください。 
読者数2万人以上の『S氏の相場観無料メルマガ』



S氏の相場観はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

メディアコラム
S氏の相場観掲載メディア


S氏はヤフーファイナンスサーチナ・インフォシークマネー・ブルームバーグ(プロ用端末)に情報提供をさせて頂いております。

無料メルマガ
無料相場情報

メールアドレス

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
 
カテゴリ
世界の株価指数
世界の株価

有名トレーダー御用達!

Worldmarkets.jp

関東財務局(金商)第2364号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。S氏の相場観は関東財務局に登録した金融商品取引業者です。

関東財務局(金商)第2364号
樹商事株式会社
〒277-0005
千葉県柏市柏6-7-7
葉山ビル2F
TEL:04-7100-0030
ブログ内検索